amazing voice’s blog

日常生活で、心に残った内容を日記風に書いてます。

参ったな〜

ある映画を思い出した。

 

多分ヒッチコック

作品だと思う。

白黒映画。

 

ある売れないコメディアンが、

一生懸命に 喋っても

全然受けない。

 

その彼が、

ある時、人助けをした。

お礼に、願いを

叶えてあげるという。

 

彼は、半信半疑で、

自分の話を聞いた人は、

必ず笑ってほしい。

というような願いを話す。

(…だったと思う)

 

その直後から、

彼が、何かを話すと、

皆笑い出す。

で、彼は、それから、

笑いの天才になり、

舞台でも大成功大盛況。

 

でも、普通に話しても、

皆、笑い出すので、

恋人もできない。

(…だったとおもう)

 

笑いは取れ、人気者。

だが、孤独。

彼は、それに耐えきれなくなった。

 

で、彼は、

以前助けた人を探す。

(だったと思う)

 

そうして、彼は、また、

頼む。

 

あの向こうにいる

見知らぬ婦人を

泣かせたい。

 

助けられた人は、いう。

 

やめておきなさい。

 

でも、彼は、強く頼んだ。

 

どうしても、泣かせたいんだ。

 

助けられた人は、

仕方なく、願い聞いた。

 

その瞬間、

頼んだ彼は、事故で死ぬ。

 

それを見てた婦人は、

泣いた。

 

そんな映画だった。

題名なんだったかな〜

 

以上f(^^)v